パチちゃんねる

パチ屋の店長が書くブログ/これであなたも百戦錬磨?

【2019年】パチンコライターの来店イベントは禁止?告知の規制?

f:id:kasoutuukakun:20190627201223j:plain
あれ?パチンコライターって来店禁止になったんじゃないの?

これから先、ライター系イベントはどうなるの?

こんな疑問に答えます。

 

 

 

この記事を読めば2019年現在のパチンコライターに関する禁止事項と告知の規制について分かります。

 

記事を書いている僕は、パチンコ業界に14年務めているパチンコ店長です。つまり、専門分野なので信憑性は比較的高いです。

 

パチンコライターのイベント規制の内容と禁止事項

 

f:id:kasoutuukakun:20190627201252j:plain

まずは結論から。ライターの来店イベント自体はOKですが、告知が禁止になっている地域が増えてきました。



最近のパチンコ業界は移り変わりが激しく、「知らない間に他府県で規制がかかっていた」なんてことがあります。



ライターの規制はいわゆる、広告規制の範囲ですが、パチンコ屋にはその他にも遊技機に関する規制も存在します。

 

遊技機に関する規制を知りたい方は↓

www.kasoutuuka-nariagari.com

 
今回のライター関連の禁止事項も都道府県によって内容が全く違うので、全てに当てはまる事ではありませんが…


ライターに関する禁止事項は、

①事前・事後の告知はNG

②SNSで告知もNG

 

この2点について深堀していきます。

 

事前・事後の告知は禁止

f:id:kasoutuukakun:20190627201505j:plain

2018年に大阪府・2019年に奈良県と自主規制する都道府県がでてきましたが、ライター系のイベント(取材・実践・来店)自体は今のところ禁止はされていません。

 

よく間違える方が多いのですが、なにが禁止になったかと言うと、【告知】することがダメになりました。

 

事前に「〇月〇日〇〇さん来店!」こんなポスターをよく見かけたと思いますが、この行為を禁止にする都道府県が徐々に増えてきています。

 

さらに、事前告知だけでなく、事後の告知も禁止されています。


「〇月〇日〇〇さんが来店していました」こんな過去形の案内も禁止になり、告知はできません。

 

しかし、ライターも言ってしまえばお客様なので、来店して遊技(実践)するのは自由です。

 

それを不特定多数の人に告知する行為は、「イベント化しているよね?」と思われてしまったため、最近では、告知できない地域が増えてきました。

 

なぜ禁止になったのか?

 

これに関しては、ホールがイベント禁止にも関わらず、完全にイベント化していたことが問題です。

 

イベント化の一例は、

・割数指定の営業

・機種示唆系

・公約系

・全台系

 

例えば、人気のスロパチステーションのライターが来るときは、最低でも12割の営業をする。

 

取材内容をネットで見ると全台系を匂わす構成で記事が書かれている。など、完全にルールを無視して、好き放題してきた我々ホールの人間や、媒体の責任です。

 

これからの見通し

 

現在、一部の地域では告知OKの所もありますが、確実の近い将来、全国的に「告知」は禁止になります。

 

そもそも、都道府県によってルールが違うのも問題なんですが…。

 

告知の禁止が全国的に広がれば、間違いなくライターを店舗に呼ぶパチンコ法人も減ってきます。

 

パチンコ屋がなぜライターを呼ぶのか?それは人気があり集客に繋がるからです。

 

有名人を呼ぶ時の方程式は、

・人気者×宣伝(告知)=集客

 

いくら人気があるライターでも、告知力が無ければ集客には繋がりません。

 

ライター招致で集客するにはどうしたらいいか?当然、宣伝(告知)することが最重要になってきます。

 

集客に繋がらないなら、店舗もライターを招致する必要がないので、告知の禁止=ライターの来店禁止と同じ意味になってきます。

 

なので近い将来、ライター陣は店舗に行って実践や、来店をする仕事がなくなるでしょう。

SNSで告知も禁止

 

「告知」と言ってもポスター以外の方法が沢山あるのですが、一体どこまでの範囲が禁止になっているのでしょう?

 

・テレビ・ラジオ・雑誌などの
 発信媒体による告知

・店内・店外での告知
(ポスターや映像ビジョン)

・WEBによる告知
(メール・SNS・動画サイト)

 

これらの全ての告知を禁止しています。
つまり、「余計な事するなよ!」って内容ですね。

 

最近SNSでライター陣が「〇月〇日東京のお店」という表現でしか発信できないのは、この禁止事項が原因です。

 

たま~に堂々と店名の告知をしている人がいますが、おそらく告知OKな都道府県なのでしょう。

全国の禁止事項がまとめられたサイトを発見したので参考にして下さい。

parlourfullslotl.com

 

まとめ

 

パチンコライターの来店はOKだが、告知自体を禁止にしている都道府県が増加しています。

告知内容は店内のポスター以外にも、テレビや雑誌、SNSでの発信も同様に禁止されています。

 

告知が禁止されている以上、ライターを招致する店舗はこれから先ドンドン少なくなっていくでしょう。

 

個人的に、ライター系のイベントは店も、お客もwin-winの関係性を保てたので、助かっていたのですが…。

 

規制・禁止事項は許可営業の辛い部分ですね。