パチちゃんねる

パチ屋の店長が書くブログ/これであなたも百戦錬磨?

【実話】超パワハラ店長!悪魔的性格『梅村店長』

f:id:kasoutuukakun:20190610234657j:plain


こんにちは。

パチンコ店長DDです。

 

今回の記事は有益な内容は載せていません。

 

僕が経験した過去最悪の店長の話です。信じられないパワハラを体験しました。

 

暇がある時に読んで下さい。

 

悪魔店長の話

f:id:kasoutuukakun:20190610235317j:plain

まだスロット『北斗の拳転生』が新台だった頃の話。

 

当時のスロットは波が荒すぎて利益が全く取れない暗黒時代だ。

 

店長陣のストレス・疲労が溜まり、部下に接する態度が変わった店長も多かった。

 

その時の僕の役職は副店長。副店長とはいえ、1日中ホールを走り回る『名ばかり役職』だ。

 

そんな時代に、グループ内の他店から転勤してきた人物が「梅村店長」だ。同期の人間から噂は聞いていた。

 

「梅村店長はやばい!」と。僕は強がるタイプの人間なので、「やばい!」と聞いていても「だからなに?同じ人間やろ。」と自信満々に話を流していた。

 

でも、梅村店長は噂以上にやばかった。

 

梅村店長プロフィール

・年齢:45才

・身長:172センチ

・容姿:細身

・髪型:M字

・特技:超パワハラ

・似ている人:ベジータ

 

着任初日

 

遂に梅村店長登場!と思いきや、非常に腰の低い店長だった。

 

挨拶も丁寧、言葉使いは部下に対して敬語と、当時にしては珍しいタイプの印象。

 

「あれ?これが梅村店長?」これが初対面での僕の感想。

 

仕事も協力的で、とてもじゃないが悪い人には見えなかった。

 

でも…ある時、梅村店長は豹変する――

 

着任1カ月

 

梅村店長が店舗内の人間関係に慣れた頃、遂に片鱗を表した。

 

その日は日曜日。

 

パチンコ屋の日曜日はとにかく忙しい。ピーク稼働は、大体14時~15時に訪れる。

 

梅村店長は遅番だったため、15時に出勤。彼のルーティンは、ホールコンで割数を確認する所から1日が始まる。

 

出勤時の割数は4円9.5割・1円8.8割・20円9.9割。今でもこの数字は忘れられない。

 

「DD君。なんでこんなに割数高いんだ?君はホールでなにをしているんだ!?」

 

こんな感じの絡みは初めてだった。所詮パチンコは運で決まるもの。

 

しかも前日の調整は、梅村店長が指示したものだったから、単純に「???」しか頭に思い浮かばなかった。

 

僕は開店から15時までの顧客の流れ、その日の取組を答えたが、信じられない言葉が飛んできた。

 

「DD!こっちに来い!」徐々に言葉使いとトーンが変わってきている。

 

呼ばれた先は、ホールの空調を管理している、リモコンの前。

 

「なんでホールの空調が25度なんや!基盤が温まるやろ!!割数高い時は冷房18度の”強”にしろ---!!あほかーー!何年P店で働いとるんじゃ!!!」

 

これにはさすがに驚いた。ちなみに季節は1月中旬。外は雪が降ってますが…。

 

梅村店長の考えでは、基盤は温まると大当りし易くなる。

 

空調を冷やして基盤が冷えれば、当りが少なくなって利益が取れるという、

 

素晴らしい発想の持ち主。

 

着任3カ月目

 

この頃には暴言の嵐。

 

事務所の椅子が少しズレていると、インカムで呼び出される。

 

「DD!今スグ事務所や!!椅子がずれとるやろがーー!」こんな調子で。

 

もちろん僕にも部下はいます。インカムを通して、こんな事を言われると…立場も、くそもない。

 

勇気を振り絞って言い返した。

 

『失礼ですが、インカムであのような発言はいかがなものでしょうか?アルバイトの子たちも聞いていますし、みんな驚きます!』

 

これが僕の精一杯の気持ちだった。

 

それから梅村店長からの更なるパワハラがはじまった――