パチちゃんねる

パチ屋の店長が書くブログ/これであなたも百戦錬磨?

【新台考察】ガールズ&パンツァーGの設定配分と予想

f:id:kasoutuukakun:20190606042306j:plain

こんにちは。

パチンコ店長のDDです。

 

7月8日にオリンピアの新作

『ガールズ&パンツァーG』が登場します!

 

前作との違いや設定状況を考察していきます。

 

 

 

スペック

f:id:kasoutuukakun:20190606043713j:plain

 

 設定別・初当たり確率

設定 AT初当り 出玉率
設定1 1/461 97.7%
設定2 1/441 99.2%
設定3 1/433 100.0%
設定4 1/405 102.5%
設定5 1/379 105.3%
設定6 1/328 110.10%

 

 ・純増と天井

AT純増 約2.6枚
回転数 50.4G
天井 周期5スルーで次回CZ確定

 

  シリーズ最新作となる本機スペックは純増2.6枚のATタイプ。 

 

前作で大好評だった『戦車道』は、もちろん搭載。

 

前作との違い

 

  初代 本機
AT純増 2.5枚 26枚
ベース 約45G 約50G
CZ確率 1/173 1/158
初当り確率 1/399 1/461
平均TY 約400枚 約420枚

 

初当り確率が重くなった分、それ以外の項目はユーザーにとって甘くなった様子。

 

導入初日の設定配分

 

毎度おなじみ、グループ店の先輩店長にも伺いました。

設定 自店 B店
設定1 0台 1台
設定2 1台 1台
設定3 1台 0台
設定4 1台 1台
設定5 1台 0台
設定6 0台 0台

※自店4台・B店3台  

 

2019年6月6日の今現在、まだ解析が出ていないので、幅広く設定を使っていく予定

 

前作が累計稼働貢献22週と大人気且つ、寿命が長かったため大事に扱っていく。

 

とりあえずは中間で様子見。

 

平日の設定配分

 

設定 自店 B店
設定1 1台 2台
設定2 1台 1台
設定3 1台 0台
設定4 1台 0台
設定5 0台 0台
設定6 0台 0台

 

解析が出回り次第、奇数ベースか偶数ベースかの判断は必要。

 

高設定示唆もネットで情報公開されたら④or⑤の判断が必要。

 

6号機の「設定1」は辛すぎて稼働が伸びない傾向があります。

 

実際に「設定1」よりも「設定2」の方が、利益を生んでいるデータもあります。 

 

出玉次第では平均設定を上げていく

 

 

DD店長の予想

 

f:id:kasoutuukakun:20190601231307p:plain 版権自体は文句なしで需要がありますが・・・問題は純増。

 

2.6枚の純増は6号機の中では断トツで最低水準。

 

それに加え、平均TY(平均獲得枚数)が420枚は低すぎる。

 

例えば大ヒット稼働中の『リゼロ』のTYは約1300枚で、純増は8枚。その分、AT確率が1/1500と非常に重いですが、それでもユーザーからの支持は抜群。

 

メーカー曰く、「AT終了後はCZに突入しますが、有利区間終了後も、同じようにCZに突入します」と聞いています。

 

つまり、有利区間の上限2400枚到達後もCZに突入し、即AT突入という流れが可能

 

6号機の弱点を見事改善する企業努力は素晴らしいが、これをユーザーがどう捉えるか? 

 

ガルパンGは、一定の稼働は版権のおかげで保てると思いますが、初代のようにロングヒットする機械ではないと予想しています。