パチちゃんねる

パチ屋の店長が書くブログ/これであなたも百戦錬磨?

【知得】高設定の台で食事休憩に行くと期待値はいくらのマイナス?

f:id:kasoutuukakun:20190614160009j:plain


こんにちは。

パチンコ店長のDDです。

 

今日は知っていると少し得をする話です。

 

高設定確定演出が出た台で、食事休憩に行くと期待値はいくらマイナスになるか?という話です。

 

まずは結論から。実は1万円近く損しています!

 

 

1時間に回せる回転数

 

食事休憩1回で1万円の損をしている理由を、段階を踏んで説明していきます。

 

スロットは遊技回数を制限し、投資を抑えるための機能である「ウエイト」が存在します。

 

前回の遊技から一定の時間が経過しないと次のゲームができない”アレ”です。

 

その「ウエイト」時間はズバリ!!4.1秒です。

 

これはスロット台を作る上での決まりごとです。

 

この4.1秒を元に1時間あたりの回転数を計算すると、

 

1時間=3,600秒

3,600秒÷4.1秒=878.048...

 

1時間に回せる回転数は878回転になります。

 

だから1万円マイナス

 

ホールによって食事休憩の時間は違いますが、大体1時間のホールが多いです。

 

つまり回転数で計算すると878回転を支払って食事に行っている訳です。

 

この878回転を元に差枚数を計算します。

 

現役機種の最高スペック「バジリスク絆」を例に計算していきましょう。

 

「バジ絆」の設定6の出玉率は119%です

 

878回転×3枚=2634枚(打ち込み枚数)

2634枚×119%=3134枚(払い出し枚数)

3134枚-2634枚=500枚(差枚)

 

この計算から1時間あたり500枚損することが分かりました。500枚は20円スロットで考えると1万円です。

 

なんとなく食事休憩に行って、「少し勿体ないな~」くらいの感覚だったと思いますが、このように数字に表すと、改めて考えることが大事だと気づきます。

 

「バジリスク絆」以外の機種で計算したい時は2段目の出玉率部分を変えると機種別で計算ができます。

 

1万円の価値

 

ここからは余談です。お金に関するマインドの話。

 

高設定の台で食事休憩に行くと『約1万円の損』だということが分かりました。

 

スロット屋での休憩があなたにとって1万円の価値があると思う場合、お好きなように休憩を取っても問題はありません。

 

でも、食事休憩中にすることと言えば、スロット屋併設のおいしくもない食事処で昼ご飯を食べながらSNSやスマホゲームで時間を潰す。くらいが関の山でしょう。

 

この時間に1万円の価値があるとは思えません。

 

これなら途中の食事は我慢し、遊技が終わったあとに焼肉屋に行ったほうがずっと有意義な時間を過ごせます。

 

無駄な時間で期待値を1万円分下げるより、勝ち終わったあとに、焼肉屋に行って1万円分食べた方が満足度も高く、投資する価値があります。

 

自身のひとつひとつの行動に「投資価値」を考えると、今まで以上にお金に対する考え方が変わってきます。

 

お金への考え方が変わると、スロットの立ち回りが変わり”勝ち”にこだわるようになります。

 

今回は以上です。